歯列矯正の期間

歯並びが気になる人は歯科矯正を考える人が多いです。今では多くの治療パターンが存在し、症例や医師の勧めによって治療の期間も短縮できるようになりつつあります。
ポピュラーな歯並びの矯正の方法としてブラケットとワイヤーを用いる治療方法です。歯の症例にもよりますが、治療期間は2年から3年と言われています。歯が動く速度は1ヶ月に1ミリ程度と言われています。多くの場合、抜歯をして歯を動かすスペースを作って矯正を進めるので大人の歯が1本当たり1センチ程度であれば、2年程度の歳月を必要とします。抜歯が必要ない人であれば、抜歯する期間が短縮できる場合もありますし、思うように歯が動かない場合には装置を装着する期間がその分長くなります。矯正治療方法を複数同時並行する事も可能で、通常の矯正治療に加えてインプラント矯正を併用する事により、歯が動くスピードを速める方法もあり、治療方法によって数か月前後する事は大いに可能です。
歯科矯正において肝心な事は、矯正装置を外した後のリテーナーの保定期間があるという事です。リテーナーの治療を終えて初めて歯科矯正が終了したことになります。リテーナーとは後戻り防止装置の事で矯正装置を外した後の歯の戻りを防ぐために取り外し可能な装置を装着する事で歯を固定させます。期間は矯正装置をつけていた時期の半分の年月が目安とされており、数か月ごとの定期健診に通う必要があります。

おすすめ歯科矯正のページ

恵比寿の歯医者

歯列矯正歯科の選び方

歯科矯正を始めよう、と思ったときまず歯科選びからはじめると思います。歯科矯正は長期に治療が必要な場合もあり、長く関わるので歯医者選びはとても大切です。ではどのように選べばいいのでしょうか。
まず、事前に自分がどのような歯並びになりたいのかある程度要望を固めておきましょう。
矯正には様々な種類があり、部分だけ治す部分矯正や矯正器具が見えない裏側矯正、マウスピース矯正などがあります。自分のなりたい歯並び、抜歯をしてもいいのか、なるべく短期で治したいのかなど予算面も含めて考えておきましょう。
そして実際にインターネットなどでいくつかの歯医者をピックアップします。必ずカウンセリングはひとつではなく、いくつか行くことをお勧めします。歯医者によって治療の進め方や費用が異なってくるので比較してから決めることが大事です。歯医者によってはカウンセリングで治療を決断すると検査費用が安くなるなどキャンペーンをしている場合もあるので高額な治療ですから、入念に調べてから行きましょう。
また、毎月通院する場合もあるので職場に近かったり自宅の近くなど通いやすい場所にしましょう。
自分にあった歯医者を選び、きれいな歯並びを手に入れましょうね。